正しいマスクの選び方とおすすめのマスク3選【現役看護師が安全と効果を保障】

予防医療 感染対策

「マスクなんてどれも同じ」「とりあえず付けとけばいい」と思っていませんか?
間違いではありませんが正解でもありません。
基本的にマスクは「人にうつさないようにするための物」ですが、時には「人からうつされないようにするための物」にもなったりします。しかし、正しい物を正しく使えていないと、マスクが原因で感染してしまう危険もあります。
そこで今回は、自分の安全を守るために必須となる、状況に合ったマスクの選び方について解説していきます。
結論になりますが、大きく分けて以下の3パターンにわけて考えていただけると選びやすいかと思います。

  • 衛生面重視:使い捨てマスク
  • 自分への感染を防ぎたい:メガネ・シールド付きマスクorN95
  • 環境重視/マスクは不要派:3Dマスク等

正しく使い、人にうつしたり人からうつされたりしないようにしましょう。

使い捨てマスクがベストです

1日使っていたマスクは汚れている可能性が高いので、使っていたマスクをそのまま置いておいたり、洗って使うことはおすすめできません。
実際に、医療従事者は使い捨てマスクしか使っていないと言っても過言ではありません。

理由としては、様々な人と対話したり処置をしたりしますので、使用したマスクの外側は基本的に汚染している物として扱われます。なので、捨てる時にも外側には触れないようにマスクを外し、外した後には手洗いをします。
当たり前ですが、話をしたり処置をした人によって汚染されたマスクの外側を触った手でスマホやパソコンを触ったら汚染(時にはウイルス)を広めてしまいます。また、その手で顔を触ったり何か食べたりしたら感染してしまうリスクも高くなりますよね?

なので、基本的には使い捨てマスクを使うことが感染予防には適しています。買占めはよくないですが、新型コロナウイルスの感染者も増えてきているので、ある程度の在庫は確保して安心して使い捨てられるようにしておきましょう。

おすすめの使い捨てマスク

基本的にその辺で売っている使い捨てマスクはどれも同じような物ですので、入っている枚数で選ぶようにすればいいと思いますが、店舗よりネットで買うことをおすすめします。理由として、ネットで買えばマスクを買いに行って感染するリスクも防げますし、買い物袋に入れると意外とかさばるマスクの箱を気にすることもなく自宅に届けてくれます。
ネットで買うときは、個人的に「送料無料」を重視しているので、送料無料でマスクが買えるところを紹介していきます。
特に自分への感染を予防したい人は、N95のようなマスクかフェイスシールド付きのマスクを使うと、うつされる確率を更に下げることができます。

GALLEIDO

数量は自分で選べ何よりも安く手に入り、マスクの質としても問題ありません。
耳が痛くなりやすい人は、このマスクにすれば間違いありません
仕事中に普通のマスクでは耳の後ろが痛くなり、頭まで痛くなってしまう私が実際に使用して痛くならないことが実証されていますので、使い心地の良さが保証されています。
GALLEIDO SANITARY MEMBER誕生

感染を防いでくれるマスク【うつされたくない人用】

N95は医療現場で使われているマスクで、結核や新型コロナウイルスから私たちを守ってくれています。そのN95に適合したマスクがSantasanで販売されています。
マスク緊急手配★ウィルス感染予防にも花粉症対策にも最適♪

また、普通のマスクよりもフェイスシールド付きのマスクの方が自分の顔全体をガードすることができるので、感染させられるリスクを減らすことができます。

洗って使えるマスクはこんな時に使いましょう

感染対策・衛生面から、使い捨てマスクを使用することをおすすめしていますが、以下の状況では使い捨てマスクではなく「おしゃれなマスク」や、「洗って使えるマスク」を使うこともbetterな選択だと思います。
使い捨てマスクが売ってない→使い捨てマスクが売っていない、ストックしていた物もなくなってしまった場合には洗えるマスクを使うしかありません。

外出先で人と関わる(話す)ことがない→人と関わる(話す)機会がなければ、マスクの外側が汚染されるリスクも減ります。そんな時は洗って使えるマスクを使うことでエコに過ごしましょう。
使用後は次亜塩素酸水などで十分に消毒し乾燥させておくようにしましょう。また、マスクを外した後には手洗い・うがいを徹底しましょう。
暑い日のプライベートは接触冷感のマスクを使っていましたが、マスクをしていない時よりも涼しく過ごすことができていたのでおすすめです。

また、3D立体マスクは使い捨てのマスクに比べると皮膚との密着が少ないことがデメリットですが、使い捨てマスクよりも苦しくないことがメリットです。
色々なマスクをみることができます↓
マスク緊急手配★ウィルス感染予防にも花粉症対策にも最適♪

使用後のマスクの消毒や普段使う消毒のおすすめをまとめたので、よかったら参考にしてみてください。

【消毒薬まとめ】おすすめの消毒薬7選【効果と安全性を保障します】

まとめ

様々なマスクについて紹介してきましたがいかがでしたか?
最後まで読んでくれたあなたは、使用する場面に応じてマスクを使い分けて感染対策ができるようになったと思います。
3密の場合や人と対面で会話するとき以外は基本的にマスクは不要なので、車や外でマスクをして、汗だくになったり熱中症になったりしないように気を付けてください。
耳が痛くなりやすい人↓
GALLEIDO SANITARY MEMBER誕生

感染したくない人↓
マスク緊急手配★ウィルス感染予防にも花粉症対策にも最適♪

PS.食事の前や帰宅後などには、かならず手洗い・うがいをするようにしましょう。店を出た後に車で手指消毒をしたり、外で手すりや商品に触れた後にも手指消毒をすることで感染するリスクを下げることができますので、せっかくマスクをしているなら手指消毒もしっかりしておくようにしましょう。