看護師の転職手順まとめ【転職前の準備・履歴書の書き方から面接内容・退職方法まで解説】

看護師 転職

常に人材不足とされている看護業界では、他の業界に比べると採用率が高いこともあり、採用になりやすく転職も比較的しやすい業界です。しかし、人気のある病院や、自分の経歴に不安があったり当たり前のことが出来ないと、面接で落とされてしまう可能性があります。 転職が初めてという方もそうでない方も、準備をしっかりとして、転職に失敗しないようにしましょう。
転職を成功させるための手順は以下の通りです。

  • 転職先を決める
  • 面接を受ける前の準備
  • 現在の会社を退職

転職先を決めるところから解説していきます。 実際に「自己成長のため」「待遇をよくするため」に何度も転職を成功させてきた私の経験も含めて解説していきますので、この手順に沿って準備していけば、「転職成功」はすぐそこにあります。

転職先を決めます

転職先を決める→辞表を出す→退職して転職 という流れが、事がスムーズに進みストレスも少なく済みます。 今いる病院・施設が嫌で嫌で仕方ない場合でも、先に転職先は決めておきましょう。

辞める前に転職先を決めておく

勤めたい病院・施設があり、「次」が決まっている場合は問題ありませんが、「今いるところが嫌で辞めたい」場合でも、「次」を決めてから辞める方が、現職を辞める時も転職先の面接時も何かと便利です。 理由としては、辞める時に「転職先が決まっていて〇月から働くことも決まっている」と伝えると辞めやすいです。 また、仕事をしていない状態で面接するよりも、仕事をしている状態で「相手方でやりたいこと」や「こんなところがいいから転職したい」と伝える方が良い印象を持たれます 現在の職場になるべく行きたくない場合は、有給を使って少しでも出勤日数を減らしましょう。精神的に辛い場合は、病院を受診し診断書を書いてもらえば、有給にプラスして休めます。

転職先の決め方

転職で病院や施設を決めるとき、何を信じて決めればいいかわからないと思います。 結論、何も信じない方が良いです。 転職サイトや友達から聞いて「いい会社」だと思って入社しても、病棟や部署によって千差万別が当たり前なのが看護師の世界です。 そのため、病院・施設全体が働きやすい環境であることは少ないです。
「そんなの怖くて転職出来ない」 「じゃあどうすればいいんだ」 と思いますよね。
私の経験からお話しすると、とにかく情報をたくさん集めることが、転職成功の鍵となります。

  • 知り合いに聞いたり、ネットで口コミなどを検索して世間からの評価を見る
  • 病院見学やオープンホスピタルに行って実際見てみる
  • 複数の看護師の転職サイトに登録して、それぞれのサイトの担当者から情報を集める

おすすめは、断然「複数の転職サイトに登録」です。 大切なのは1つのサイトではなく、必ず「複数」のサイトに登録することです。 理由としては、以下の通りです。

  • 転職サイトによって得意不得意がある
  • 看護師の転職サイトは無料で使える
  • 転職したら、紹介料として病院から転職サイトに支払われる

特に、転職サイトと特定の病院の繋がりが強かったり、たくさん人が欲しくて紹介料を高くしている病院を紹介される場合が多いので複数のサイトに登録して多方向から情報を仕入れましょう 転職サイトの人は、「病院見学」から「面接」の調整、「履歴書の書き方などの相談」など、転職するためのパートナーとして基本的に何でもしてくれます。 自分に合いそうな担当者の転職サイトを使うのも、転職を成功させるためのポイントの1つだと思います。

【失敗しないために】転職サイトBEST5【看護師限定/登録無料】

面接を受ける前の準備

履歴書に加え職務経歴書も準備しておくと、自己開示・アピールが出来ます。 どんな感じで書けばいいか解説していきます。

履歴書を準備する

病院規定の履歴書がある場合はそのテンプレートを使用しましょう。 特にない場合は、一般的に売られている履歴書になりますが、看護師の履歴書として使いにくい点があります。 もし使いにくいという方は、インターネットで検索すると、新卒用から転職用まで様々なテンプレートをダウンロードして使用することが出来ます。 当たり前ですが、誤字脱字はNGですので、ボールペンで記入する前に誤字脱字がないか確認してください。

職務経歴書を準備する

職務経歴書は数年前まではマイナーな存在でしたが、近年では提出することが多くなりました。 職務経歴書を書くのは少し面倒であり、間違ったときに書き直すのも大変な労力になるので、私はパソコンで記入することをおすすめします。 職務経歴書で面接先が見ているのは、 ・今までの仕事で、学ぶべきことを学んでいるか ・転職してきて即戦力として働けるか ということなので、「これまで学んできたこと」と「自分の経験値」を記入しアピールしましょう。

面接内容について

面接内容については、一緒にまとめると長くなってしまうので、別の記事でまとめました。面接の前に読めばOKです。

【王道】看護師の面接でよくある質問6選【失敗しないための受け答え】

現在の会社を退職して転職完了

下手したらこれが一番めんどくさいです。 転職先で働き始める日を決めたら、それに合わせて退職する日を決めます。
例えば、4月1日から働き始めるのであれば3月31日付けで退職。1月1日から働き始めるのであれば12月31日付けで退職となります。
法的手段を使えば1か月で退職することが出来ますが、基本的には「会社の規定」に従って辞めると穏便に退職することが出来ます。 会社規定は一般的に「3か月前」に退職することを伝えるように設定されていることが多いです。 冒頭の方でも述べましたが、3か月であれば「有給」と「病休」で乗り切れます。
退職するにあたり、看護師長や看護部長との面談がありますが、基本的に本心を「そのまま」ぶつけてやりましょう。 無理矢理にでも引き留められたり、「いついつまでは辞めさせられない」なんてことを言われたら、「在職強要ですか?」と聞いてみましょう。一発でOKです。
強く言えない方や話し合いで勝てる自信のない方、めんどくさい方は「退職代行サービス」を使いましょう。 退職代行サービスを利用すると、辞めることが決まった後に不利益となること(減給や不当人事など)もなく、安心して退職することができます。
【退職代行ガーディアン】

まとめ

看護師の転職手順についてまとめてきましたが、いかがでしたか?
面接では、答える表情や姿勢が内容以上に相手の印象を左右することもあるため、どんな質問でも慌てず落ち着いて、はきはきと回答するように心がけましょう。 しっかり準備して備えておけば、必ず転職に成功するはずです。より良い看護師人生を共に目指しましょう。