【王道】看護師の面接でよくある質問6選【失敗しないための受け答え】

看護師 転職

この記事を読むことで、看護師の就職・転職の時の面接でよく聞かれる質問がわかり、失敗しない受け答えを知ることができます。結果として就職・転職を成功させることができるので、就職や転職を控えている人は参考にしてみてください。
看護師は人手不足とされていますが、面接時の受け答えによって入職後のキャリアが変わることもあるため、相手の欲求に答えつつ自分のやりたいことができるように、自分の思いを的確に伝えましょう

看護師の面接でよくある質問6選

看護師の転職時の面接でほぼ確実に聞かれる質問をまとめ、答えとして良い例と悪い例について解説していきます。
急性期・慢性期・施設のどこに転職するにしても聞かれる質問なので要チェックしておきましょう。

  • 当院・施設を希望される理由はなんですか?
  • 退職したor退職する理由はなんですか?
  • 当院・当施設でどのようなことをしたいですか?
  • 看護師を目指した理由・きっかけは何ですか?
  • 看護観について聞かせてください
  • いつから働けますか?夜勤は可能ですか?

の6つが王道の質問であり、ほぼ確実に聞かれるのでピックアップしてまとめてみました。

その1.当院・施設を希望される理由はなんですか?

最も重要な質問で、「やる気や熱意」を確認すると同時に、「病院や施設のことを正しく理解した上で応募しているのか」も確認していることが多いです。
そのため、病院や看護部の理念や特徴を把握した上で、自分の経験や思いを交えて答えましょう。自分にとってのメリットだけを伝えたり、志望動機が漠然としているのはNGです。

良い例)

「以前から地域に密着した病院で、地域の患者さんのために看護ケアを提供したいと考えていました。HPなどを通じて御院は、急性期から在宅まで総合的な医療提供に力を入れておられることを強く感じ、自分自身も看護師としてスキルアップしながら地域の患者さんに貢献したいと思い、応募いたしました。」

悪い例)

「自宅から近いからです」
→近ければどこでもいいのかと思われます。
「勉強したいからです」
→企業は学校ではありません。スキルアップよりも働く意欲が大切です。
「待遇がいいからです」
→他に待遇がいいところがあったらまた転職されると思われます。

その2.退職したor退職する理由はなんですか?

面接では、「前の職場でのトラブルがないか」「転職後に気持ちよく仕事が出来る相手なのか」を見極めるため、退職理由・転職理由を質問されます。
本音は何れにせよ、ネガティブ発言をしてしまうとマイナスイメージとなってしまうため、ネガティブなことや愚痴になってしまうことは極力言わずに、やむを得ない理由を挙げるか、ポジティブな内容にしましょう。

良い例)

「親の介護で実家に戻ることになり、退職いたしました。実家の近くで新たな仕事を、と求人を探す中で、以前より興味のあった訪問看護の出来る御院の求人を拝見しました。公私ともに興味のある分野で、自分の親の介護経験も仕事に生かせるのではと思い、志望させていただきました。」
→自己都合の退職理由を、ポジティブな理由に変換して伝えられています。
「基本的な看護スキルは一通り身に着けることが出来たので、今後は、周囲と協力し合い、お互いを高め合える職場で切磋琢磨したいと思い、退職しました。医療業界では、ますますチーム連携や他職種との連携が求められると思います。私自身、様々な方と連携し協力し合いながら、さらに成長していき、より良い看護を提供出来ればと思っております。」
→人間関係に不満があって辞めたことを直接表現せずに、スキルアップや新たな成長への思いとして伝えます。

悪い例)

「人間関係で疲れました。精神的に無理でした」
「給料が安かったので辞めました」
→前の職場への不満を訴えるのはNGです。

その3.当院・当施設でどのようなことをしたいですか?

募集する仕事内容と、希望がマッチしているかどうか、看護技術やスキルで仕事が全うできるか、やる気があるか、病院にどのような貢献をしてくれるのか等を確認するための質問です。
なので、自分がやりたいことの説明だけで終わらないように注意し、応募先と自分のニーズが合う部分を中心に、将来像を明確に伝えるようにしましょう。

良い例)

「これまで急性期病棟に5年間勤めてきました。今後は、より急性期の患者さんのケアをしたいと考えているため、急性期病棟での勤務を希望しております。御院は今後、高度救命救急センターを立ち上げ、さらに急性期病棟に力を入れられるとホームページで拝見しました。ぜひ私も、経験やスキルを積んで貢献できればと考えております。」
→応募する病院の方向性を踏まえたうえで、自分の希望を伝えています。

悪い例)

「どんな仕事でも頑張ります!」
→謙虚であることや気合いを見せるより、しっかり中身を伝えましょう。

その4.看護師を目指した理由・きっかけは何ですか?

あなたの人柄や性格など、あなたがどんな人なのか知りたいという思いがあります。
看護師を目指したきっかけや、理由がある方も多いのではないでしょうか?
「事故現場を目の当たりにして、何も出来ない自分がふがいなく思い看護師を目指した」
「祖母が病気になって、自分に何が出来るかを考えた結果辿り着いた」など
独自のストーリーを伝えることで、あなたの人柄を伝えてください。

その5.看護観について聞かせてください

看護観と言われると、難しく受け取ってしまいがちですが、看護師として大切としていることは何か、働く上で何を重視しているかなど、看護師という仕事に対する思いや信念を表現しましょう。
患者さんと接する中で生まれた気づきについて説明した後で、自分が大切にするようになった点を話せば、まとまった回答になります。

例)
「私は、患者さんが入院生活を通して、自分らしい生活から切り離され、QOLが低下し、心身共に苦痛を伴う場面を多く見てきました。そのため、患者さんの精神・身体的な苦痛を緩和しながら、早期に地域に戻れるように、他職種と連携し、患者さん・ご家族に寄り添う看護をすることを大切にしています。」

その6.いつから働けますか?夜勤は可能ですか?

事前に募集内容を確認し、いつからの勤務になるか、どの程度夜勤があるかを把握しておきましょう。募集要項を見ても不明確であった場合は、ここで率直に質問してください。 退職している人は、勤務が開始できる希望日を伝えます。今現在働いている場合は退職時期を伝えます。

面接時にすると転職成功率が上がる良い質問と悪い質問


質問に対する答え方がわかってきたら、次は、こちらからの質問の内容ですると良い質問と悪い質問を解説していきます。
ほとんどの面接では、「何か聞きたいことありますか?」や「他に何か言っておきたいことはありますか?」などの流れが必ずと言っていいほどあります。その時に備えて1つは準備しておきましょう。

良い印象を与える質問

応募先の病院で働きたい・意欲的に働く意思があるといったことが伝わる質問がよいでしょう。

・希望する病棟が何人体制か
・応募先の病院が求めている人物像について
・資格支援制度の有無について
・転職までに学んでおくべき治療・処置について

悪い印象になりがちな質問

印象が悪くなってしまう質問は、労働環境や賞与、人間関係などについての質問です。
また、応募先の病院に興味を持っていないと思われるので、「特にありません」という回答は絶対に避けるようにしましょう。

まとめ

面接でほぼ確実にされる質問の受け答えと、転職成功率を上げる逆質問についてまとめてきました。
この記事を読んだあなたは、面接時の受け答えに対する準備は万全になったと言っても過言ではありません。自信を持って面接に挑みましょう。