【看護師の悩み】スキルアップは必要か不要か【結論:好きに生きよう】

働き方 看護師 自己研鑽 転職

あなたは、看護師になった後、どんな看護師人生を歩みたいですか?

結論ですが、スキルアップしてもしなくても食べていくには困らないので、あなたに合った働き方を見つけて好きに生きましょう。
とは言え、「人を助けたい」「誰かの支えになりたい」「お金と安定」など、それぞれの思いを胸に看護師を目指し、看護師になっても、看護師としての道にも色々な道があり悩むと思います。

そこで今回は、バリバリ働きたい人に向けた「スキルアップしていく道」と、そこそこ働いて給料をもらっていきたい人や出来るだけ働きたくない人に向けた「スキルアップを考えない道」について、以下の項目で解説していきます。

  • スキルアップは必要か不要か
  • スキルアップしていく道
  • スキルアップを考えない道

看護師などの医療職は特別視されやすいですが、ただの職業でありただの仕事です。
熱い思いを持っている人も持っていない人も、あなたに合った働き方を見つけましょう。

ただし、病院や会社は「使える人材」を求めます。自分に合った働き方をしつつ、自分の得意なことや個性を伸ばして、あなたならではの強みを身に付けておきましょう。
誤解しないために伝えておきますが、看護師業界はスキルアップしたから給料が増えるわけではなく、スキルアップしていないから給料が増えないわけでもありません。

勉強して知識をつけたり、日々の業務から学び経験を重ねたところで、よくいる「使えない上司」の方が自分より高い給料をもらってるのが今の看護業界であり世の中の現状です。

・患者さんのため!
・看護師なんだから勉強して当たり前だ!

なんて言う人は、偽善者か本当に人のために働いているボランティア精神に溢れた人だと思います。
自分のために働いている人がほとんどで全ての人が人のために動けるわけはなく、
あのナイチンゲールも巨額のお金をもらっていたなんて話もありますので…

良い意味でも悪い意味でも年功序列であり、稼ぐことを考えていない看護師がほとんどです。稼ぐためのスキルアップをしていきたいのであれば、普通に看護師をしているだけでは不十分なので、正しい方向でスキルアップをしていきましょう。

スキルアップは必要か不要か

結論は冒頭で話してしまいましたが、スキルアップはしてもしなくてもどっちでも生きていけるので、あなたがどうやって生きていきたいかで選択すれば問題ないです。

スキルアップが必要な人

スキルアップが必要な人は、看護師として働いていく中で、「もっとたくさんお金がほしい」「もっとこんなことがやりたい」などの願望がある人です。
自分のためにスキルアップをして人生を豊かにしていきたい人は、どんどんスキルアップしていきましょう!

スキルアップが不要な人

スキルアップをしたくない人も安心してください。「人並みくらいの給料でいい」「やりたいことが特にない」「ゆっくり過ごしたい」なんて人はスキルアップをしなくても働くところはいくらでもあるので大丈夫です。
スキルアップは不要なので、とりあえず仕事に行って定時が終わるのを待ちましょう。

以下でスキルアップをしていく道とスキルアップを考えない道について解説していきます。

スキルアップしていく道

個人的にはスキルアップしていく方がいいと思います。
看護師だからではなく、仕事として成功したり給料を増やしていくためにはスキルアップしていくことが必要だと思います。

メリット

給料を増やすだけでなく、知識や技術を持っていると仕事がやりやすくなったり、働きたいところで働けるようになります。

デメリット

勉強したり経験を積んだりする必要があるので、「そんなの無理だ…」と思ったり、「楽したいから努力するのは嫌だ」と思って行動できなかったり挫折する可能性があります。

とりあえず急性期

スキルアップしていこう!と考えている人は、若いうちにとりあえず急性期病棟を経験しておきましょう。急性期の知識や経験は、看護師として働いていく中で大きな武器となり、家族が病気になった時にも使えます。

私自身、新卒での就職先は超慢性期病院でしたが、急性期を勉強するために3年目で高度救命救急センターに転職しました。転職前や転職直後に若干の不安はありましたが、転職してしまえばやるしかないと思いながら働くしかないので慣れるまでの辛抱です。日々学んだり勉強したりすることで不安は解消していきます。

歳をとって急性期を勉強しようとしても、体力的に厳しかったり家庭の事情でワークライフバランスが取りにくくチャレンジできない場合があるので、若いうちに経験しておくことをおすすめします。

あなたがやりたい分野で羽ばたく

あなたがやりたい分野で羽ばたくにはスキルアップが必須で、やりたいことをやっているとスキルアップすることが苦痛になったりすることはないかもしれません。

しかし、やりたい分野をやるための土台作りとしての勉強は、下積み時代のような感じになるので多少の苦労はあるかもしれませんが、やりたいことをやるための準備段階として必要であり、考え方次第では楽しめると思います。

あなたの夢を追い求めたりスキルアップしていくことで、診療看護師や専門看護師・認定看護師などの専門性の高い看護師になり多くの人の手助けができるようになったり、看護師の中で稼げる分野に特化することで他の看護師よりもお金持ちになることができます。

働きたいところで働ける

スキルアップしていくことを続けると、働きたいところで働くことができます。

例えば、慢性期に特化しスキルアップを続けていた人が急性期で働くことは難しく感じるかもしれませんが、急性期病院の中にも慢性期病棟があるため、何か強みがあれば働くことができます。

また、精神的な話にはなりますが、スキルアップをしていくことが基盤にあると「ここで働きたい」「こんなことに挑戦したい」という状況になった時に、前向きな気持ちで挑戦することができるので、結果的に働きたいところで働けるような状態になります。

スキルアップを考えない道

スキルアップを考えないことは悪いことではありません。
スキルがあってもなくても、同じ内容の仕事をしていれば同じ給料がもらえます。そして看護師という職業上、今後も食べていくには困らないくらいの収入は確保できます。

例えば「とりあえず結婚するまで働く」や「看護師に興味がなく、やりたいこともないから働ければいい」などの考えの人は、無理せずにやっていきましょう。
好きなことだけで生きていくのは難しいかもしれませんが、ワークライフバランスが取りやすい慢性期病院などで働けば、嫌なことをやりながら生きていく人生は避けることができると思います。

スキルアップを考えないのであれば、慢性期病院かクリニックなどで働くのがおすすめです。
理由としては、急性期病院のように「看護に熱い人」が少ない(ほぼいない)ので、スキルアップを求められなくて済みます。慢性期とクリニックの特徴とおすすめな人を以下で解説していきます。

慢性期がおすすめ

慢性期病院ではワークライフバランスが取りやすく、急性期病院のような生死に関わる場面も少ないため、比較的ストレスが少ない環境で自分の時間・生活を大切にしながら働くことができるのでおすすめです。
ですが、慢性期ならではの職場環境であったり、ストレスがある場合もあります。

例えば、慢性期では仕事自体が少なく暇なことが多いため、同僚の悪いところが目についたり、仕事ができない人(言葉は悪いですが、「使えない人」)が残ってお局と呼ばれる人種になってしまっていることが多々あります。この慢性期特有のお局が厄介で、看護技術や知識がないのに勤続年数が長かったり病棟に長くいるから偉そうにしていて、自分が正しいと思っています。

こう言ったお局には何を言っても無駄なので無視して働くか、急性期病院に転職しましょう。
急性期病院は勉強したり技術面で学ぶことがたくさんありますが、知識と技術があればお局を黙らせる武器となり、どんどん働きやすい環境になります。スキルアップを考えていなくても、働く環境に左右されず自分の力で環境をよくしていきたい人には急性期での経験をおすすめします。

クリニックもおすすめ

クリニックも慢性期と同様で、ワークライフバランスが取りやすく病院とは違った時間軸で働くことができます。産休や育休が終わり一息ついた段階での転職や復職に人気があり、比較的穏やかな環境で働くことができます。
クリニックと言っても様々なクリニックがありますが、急性期病院のような看護技術を必要としないことがほとんどなので安心して転職できます。
クリニックは給料やボーナスも安定していることが多いので、仕事の出来で給料が左右されるようなこともないので安心です。

転職が厳しくなる現実

スキルアップしないということは自分の武器を持てなかったり自信がない状態で経過することが多いため、転職する時にアピールポイントが少なくなったり、そもそも採用条件に当てはまらなかったりして転職することが困難となってしまうこともあります。しかし、スキルアップしない=経験値がない わけではなく、あなたが過ごした時間は客観的に見たら強みになったり、戦力として求められることがあるかもしれません。

最後に

看護師という職業上、スキルアップしていこう!と意識して行動していなくても、看護師という資格を持って働いているだけで、その経験がスキルと捉えられることが多々あります。
なので現在あなた自身に目標がない場合には、やりたくないことを避けながら働いていけばなんとかなるので、やりたいことを探さなきゃ!スキルアップしていかなきゃ!と焦る必要はありません。
看護師免許を持っている時点で食いっぱぐれることはないので、のんびり生きましょう。

転職しようか悩んでいる人

転職で悩んでいる人は、【年代別】看護師の転職ポイントと転職先で求められることのまとめを参考にしてもらえると、あなたが今どのくらいの時期にいるのかがわかると思います。

自分の強みや自分に合った環境がわからない人

どんなところに転職したいかや自分の強みがわからない人は、【失敗しないために】転職サイトBEST5【看護師限定/登録無料】を参考に転職サイトに登録してみてください。転職サイトの人が、あなたに合った転職先を探してくれたり、あなたの強みを発見してくれます。