施設で新型コロナウイルス感染が確認されたら【結論:マニュアルや基準を確認しよう】

健康問題 働き方 感染症 看護師

有料老人ホームや特別養護老人ホーム・訪問看護・ナーシングホームなどの施設で、スタッフや利用者の新型コロナウイルス感染が確認されたら、まずは保健所に報告しマニュアルや基準を確認しながら対応していくことになりますが、施設での感染対策には限界があります。

私自身、国立病院や県立病院などを経て、現在はナーシングホームに勤めています。そして正直、十分とは言えない資源や人材で運営されている有料老人ホームや特別養護老人ホーム・訪問看護・ナーシングホームがほとんどで、確実な感染対策は非常に難しいと思います。

そんな中で毎日ケアを行なっている施設職員や利用者様、管理者や経営者は少なからず不安を抱えながら過ごされていることでしょう
そこで今回は、もし施設スタッフや利用者様が新型コロナウイルスに感染したらどう対応したら良いのか、感染しないため・感染拡大させないためにどう対策をしたら良いのかを解説していきます。

詳しい内容につきましては、東京都新型コロナウイルス感染症対策医療介護福祉サービス等連携連絡会で協議され作成された、「新型コロナウイルス感染症対策、新型コロナウイルス感染疑い時の対応フローおよび対応チェックリストについて」に集約されています。
病院には病院の大変さが、施設には施設の大変さがあります。新型コロナウイルス収束まで、自分にできることをやっていきましょう。

施設スタッフが感染した場合

施設全体での動きは以下の通りです。

  • 面会禁止
  • 家族、ケアマネなど外部へ連絡
  • 感染対策の徹底
  • 2週間以内の訪問者(濃厚接触者)の把握

感染拡大を防止するために早急に面会禁止とします。ご家族に新型コロナウイルスの感染者が出たため、面会禁止となることを連絡し、2週間以内の面会や風邪症状などがないかを確認します。
その他にも、ケアマネや訪問医・薬局など、連携先への連絡が必要となります。
施設スタッフができることは、感染を拡大させないこと。病院と違って施設での感染対策は困難を極めますが、できることはしっかりやり、もしクラスターが発生しても「私たちはしっかり感染対策しています」と言えるようにしておきましょう
また、健康管理に気をつけ発熱がない場合でも倦怠感や風邪症状がある場合には、上司に報告し指示を仰ぎましょう。

利用者が感染した場合

基本的には入院することが望ましいです。
理由として、施設ではガウンやN95マスクでの感染対策やレッドゾーンなどに分けて業務分担することが困難であり、クラスター発生となるリスクが高いです。
しかし、感染者が出た時点でクラスター化している可能性や感染が拡大している可能性が高いため、感染対策を徹底し、感染者を1人でもするようにしましょう。

感染後の感染対策

新型コロナウイルス感染疑い発生時の対応チェックリスト(入所系・通所系・訪問系)令和2年6月18日版に、食事介助や排泄介助などのケア別チェックリスト
が作成されているので、このチェックリストの感染対策に従いながらケアを行っていきましょう。
基本的な感染対策については、他の記事でまとめていますが、1番大切なのは手指消毒です。ウイルスは手を経由して身体の中に入ってきたり、他の場所に移動することが多いです。なので、【消毒・除菌】正しく使ってウイルスを撃退【無意味/危険な使い方はやめよう】を参考に、正しく安全な消毒をして感染拡大を防ぎましょう。

終わりに

日本中、世界中どこにいても新型コロナウイルスの感染リスクがあると言っても過言ではない現状なのに、クラスターが出たら報道されてしまう悲しい世の中です。差別的な対応や発言なども問題になっていますが、国や都道府県が決めたマニュアルや基準に沿って対応していくことが、自分を守ることに繋がります。
自分の体調管理・感染対策に十分気を使い、新型コロナウイルスを乗り切りましょう。