【パーキンソン病】原因・症状から診断・治療まで【薬+リハビリが重要】

健康問題 難病

パーキンソン病とはどんな病気?

パーキンソン病とは、脳の一部の機能が低下することによって、身体をスムーズに動かすことができなくなったり、手足のこわばりや震えなどの症状が出る病気です。

発症率

パーキンソン病は、高齢になるほど発症率が高くなり、認知症を併発する可能性も高くなる傾向にあります。
全体では人口10万人に100人以上(100〜150人程)ですが、60歳以上になると10万人に1000人程となっています。
男性に比べ女性の方が発症率が高く、50〜60代以降に発症し、徐々に症状が気になってきて受診することで診断されることが多いです。

原因って何?

発症の原因は不明です。
生活習慣や住んでいる地域、遺伝などによる特定の原因はわかってはいません。
現在推測されていることは、家族性に発症することもあるため、
遺伝的な先天的要素+加齢などの後天的要素により発症するのではないかと考えられています。
原因がわからないので発症を予防することはできませんが、早期発見早期治療が生活や予後に大きく関わってくるので、後で説明する「症状」に心当たりがあったらすぐに病院にいきましょう。

症状の原因

症状が出る原因を簡単に説明すると、脳に汚れが溜まることによって身体を動かすための指令がスムーズに伝わらなくなることによって、身体がスムーズに動かせなくなります。

少し詳しく説明すると、中脳黒質という脳の一部に異常なタンパク質(汚れ)が溜まることで神経細胞が減り、ドーパミン(指令を伝える神経伝達物質)が減ることが症状が出る原因です。

中脳黒質に異常なタンパク質が蓄積しドーパミンの量が減るのは、加齢による現象の1つですが、パーキンソン病の人に限定して、何がきっかけで、なぜドーパミンが早く減ってしまうのかは解明されていません。

どんな症状がある?

パーキンソン病による症状は、身体を動かしにくくなったり震えたりする運動症状と、精神面や自律神経症状などの非運動症状にわけられます。
以下で、運動障害と非運動障害について詳しく解説していきます。

運動症状

代表的な運動症状は以下の4つで、パーキンソン病の初期症状として出現することも多いです。この4つの症状がすでに出ている・心当たりがあるという人は、なるべく早く病院を受診することをおすすめします。

  • 振戦(ふるえる)
  • 無動(動きが遅くなる)
  • 筋強剛・筋固縮(筋肉の強ばり)
  • 姿勢反射障害(身体のバランスが悪くなる)

実際にはどんな症状が出るか、以下で解説していきます。

振戦

じっとしている(何もしないで止まっている時)に震えたり、寝ている時にはじっとしているのに目が覚めると震えが始まったりします。
片方の手・足から始まって1秒間に4〜6回ほど小刻みに震え、何かしようとすると止まることが多いです。

無動

日常的な動作がゆっくりになったり、声が小さく抑揚のない話し方や文字を小さく書いたりするので、周りからは元気がない状態に見えます。
歩く時に手を振らなくなったり、複数の動作をすることが苦手になることも特徴です。

筋強剛・筋固縮

手足・腕・顔などの筋肉が硬くなり、スムーズに動かせなくなります。
自分の意思では身体の力が抜けず、痛みを感じたり動きがぎこちなくなります。

姿勢反射障害

身体のバランス感覚が悪くなる・重心移動がうまくできなくなります。
姿勢を変えるのが大変になったり、歩き始めの1歩が出ない、方向転換ができない、止まれなくなったり歩くのが小刻みや速くなったりします。
症状が進行すると、腰が曲がる・首が下がる・斜めに傾くなどの症状も出てきます。

非運動症状

非運動症状には、運動症状の前に出現するものもありますが、パーキンソン病に限らず他の疾患でも出現する症状のため、非運動症状の時点でパーキンソン病を疑うのは難しいです。
しかし、検査を受けることによってパーキンソン病(もしくは他の病気を否定)することで診断を確定し、治療に入ることができます。
以下の6つがパーキンソン病の主な非運動症状となります。

・自律神経症状
・認知障害
・嗅覚障害
・睡眠障害
・精神症状
・疲労や疼痛、体重減少

パーキンソン病であってもなくても、これらは日常生活を過ごしにくくするので、病院に受診し何らかの治療を開始することをおすすめします。

自律神経症状

自律神経症状については自律神経の乱れるによる症状と原因【自律神経を整えて体調不良を改善】で解説しているので参考にしてみてください。

認知障害

パーキンソン病の発症が高齢であることも関係していますが、遂行機能障害と言って順序立てて行動することができなくなったり、すぐ忘れてしまうなどの認知症症状が現れます。

嗅覚障害

一時期、新型コロナウイルスの症状で話題になりましたが、においを感じなくなることがあります。
嗅覚障害のみの新型コロナウイルスの可能性や他の病気の可能性もあるので、病院に相談してみましょう。

睡眠障害

不眠になったり日中眠くなったりすることがあります。
睡眠障害・不眠症については、【不眠症】4つのタイプと様々な原因・今日からできる対策【あなたは眠れるようになります】などの記事で解説しているので参考にしてみてください。

精神症状

鬱状態となることが多いですが、幻覚や錯覚・妄想などの症状がでることもあります。

症状の重症度

症状による重症度分類には、ホーン・ヤールという重症度分類があるので、解説していきます。数字が増えるほど重症で生活に支障があります。

Ⅰ度

身体の片方の手足だけに震えやこわばりがある。
非運動症状のみか、運動症状があっても軽度。

Ⅱ度

両方の手足の震えやこわばりがある。
日常生活や仕事などに少し不便が生じる。

Ⅲ度

Ⅱ度の症状+姿勢反射障害が出現。
日常生活は不便に感じるが介助なしでも過ごせる。

Ⅳ度

立ち上がったり歩くのが難しくなる。
日常生活には介助が必要。

Ⅴ度

自分では歩けず移動には車椅子が必要。
寝ていることが多くなり、寝たきりになる可能性あり。

診断と治療


病院を受診すると、どんな検査をされてどんな治療が待っているか不安に思う方も多いと思います。
ここからは、診断までの流れと治療方法について解説していきます。
当てはまる症状があり、パーキンソン病かもしれないと思ったら神経内科を受診しましょう。パーキンソン病でなかったとしても、神経内科を受診することで原因が明らかになって治療を開始することができます。

診断

まず、いつからどのような症状が出ているかなどを聞かれる問診から始まります。診断までの流れは以下の通りです。

問診・診察でパーキンソン病の代表的な症状あり→CTやMRI→尿検査・血液検査→ドーパミンの薬に対する効果を確認→MIBG心筋シンチグラフィ

パーキンソン病と確定診断

・ドーパミン補充療法で効果あり
・MIBG心筋シンチグラフィで異常あり

パーキンソン病以外の病気と診断

・CTやMRIで異常あり
・尿検査や血液検査で異常あり
・ドーパミン療法で効果なし
・MIBG心筋シンチグラフィで異常なし
・パーキンソン病の症状に似た副作用がでる薬を内服している
・3年以上続く下肢のみの症状
・小脳の障害

治療

パーキンソン病の治療は、薬+リハビリがメインとなります。
薬には、飲み薬・貼付薬・自己注射がありますが、飲み薬と貼付薬の調整がメインとなってきます。
薬の内容としては、L-ドパ・ドーパミンアゴニスト(ドーパミン受容体作動薬)で足りないドーパミンを補いつつ、他の薬を併用し調整していきます。
飲み薬でドーパミンを補うと症状は軽減しますが、パーキンソン病によって身体を動かす頻度が減ることが、筋力低下や拘縮などの原因となり、症状が悪化していく可能性が高いです。
早期からリハビリを積極的に行い、運動を習慣化し薬+リハビリで進行をできるだけゆっくりにしていくことが大切です。

まとめ

パーキンソン病は根本的に直す手段はないですが、しっかり薬を飲んでリハビリを継続することで、動ける時間を増やし自由なことができる時間も増やせます。
また、仕事ができなくなったり生活に対する不安もあるかもしれませんが、パーキンソン病は厚生労働省が特定疾病に定めているため、介護保険制度が使えます。
制度については【医療保険か介護保険か】16特定疾病と厚生労働大臣が定める疾病等の違い介護保険料って誰がいくらもらえる?【介護保険料の限度額と自己負担額】で解説しているので、制度について気になる方は参考にしてみてください。