【風邪を早く治す方法】薬を飲まず、病院に行かずに治そう【やったほうがいいこと、NG行為を紹介】

健康問題 感染症

できれば風邪はひきたくないですが、風邪をひいたら早く治したいですよね?
大体の風邪は、鼻水や鼻づまり・咳や痰・熱の症状が出てから、2~3日でピークを迎え、7~10日になるとほぼ症状がなくなります。今回は、この風邪の期間を少しでも短くして、辛い症状から解放される方法を解説していきます。

この記事を読むことで、以下のことがわかり風邪を早く治すことができます。

  • 風邪を早く治す方法
  • やらない方がいいこと
  • 病院に行った方が良い時

1日でも早く、辛い風邪から解放されましょう。

風邪を早く治す方法5選【今すぐやりましょう】

また、免疫が出来るのに7日程度かかるとされているため、風邪が治るまで最低1週間は必要となりますが、以下ことを実践することで回復に近づきます。

ゆっくり休む

風邪を引いた時に疲れた感じがしたり、数日で体重が減ったりするのは、風邪を引いて体温が上がると消費するカロリーも増えるからです。
なので、出来るだけ安静にしたり睡眠時間を十分に確保することで、体力を温存し万全の状態で風邪と戦うことが出来ます。

栄養を取る

風邪と戦うためには、ビタミンやミネラル・タンパク質を取り、免疫力や抵抗力を高めることが大切です。
栄養価が高く、消化が良い食事がおすすめですが、体調が優れない時に凝った料理を作るのは大変なので、みそ汁やヨーグルト・ゼリー・カットフルーツ・果汁100%のジュースなどで栄養補給しましょう。

水分を取る

熱が出ていると、汗をかき脱水症状になる危険があります。最悪の場合、死に至ることもあるので水分補給は何よりも大切です。
経口補水液やスポーツドリンクは、水よりも体液の組成に近く体に吸収されやすいので、水の代わりに飲むようにしましょう。

身体を温める

人は体温が1℃下がると免疫力も下がり、1℃上がると免疫力も上がると言われています。
衣類による防寒やカイロ・湯たんぽなど、自分に合った方法で体を温めましょう。
お風呂に入るかどうか悩むかもしれませんが、風邪を早く治すためには体を温める必要があるため、入ることをおすすめします。入浴剤などを使ったり、風呂上りの湯冷めに気をつけましょう。
※高熱の時や体が大変な時に無理してお風呂に入るのはやめましょう。

手洗い、うがい、鼻うがい

風邪の重症化を防ぐために、手洗い・うがいを丁寧に行うことは大切です。殺菌作用のあるハンドソープやうがい薬を使うと更に効果的です。 鼻の粘膜から菌が侵入することを防ぐために鼻うがいも有効です 。

やらない方がいいこと

風邪を引くと、楽になりたいという気持ちから様々なことをやりがちですが、やると体に悪いこと・やらない方がいいこともあるので注意してください。

薬を飲む

全ての薬が悪いというわけではありませんが、以下のことは推奨できません。

  • 解熱鎮痛剤
  • 抗生剤
  • 昔病院でもらった薬や人の薬
  • 市販の風邪薬
  • 解熱鎮痛剤と市販の風邪薬に関しては、風邪自体を治すものではなく症状を軽くするものです。高熱が出たり、頭や喉が痛くて我慢できない時には、薬を飲むことで楽になりますが、熱を下げる=体が頑張っているのを邪魔することになるので、余程大変じゃなければ飲まずに頑張りましょう。

    抗生剤に関しては、多剤耐性菌が出来るのを防ぐ+自己免疫力の低下を防ぐために、なるべく飲むのはやめましょう。最近病院でもすぐに抗生剤を出すことは少なくなりましたが、もし抗生剤を飲むことになったら、処方された分(5日分)全て飲み切るようにしましょう。
    昔病院でもらった薬や人の薬は、薬の期限が切れていたり、自分に合っていない薬を飲むことになる可能性があるためやめましょう。

    こんな時は病院へ

    風邪には特効薬がないので、病院に行ってもどうしようもない感は否めませんが、水分が取れない状態や身動きが取れない状態の時は、症状を和らげる治療が受けられますので、病院を受診しましょう。

  • 水分が取れない
  • 身動きが取れない
  • 症状が3週間以上続く
  • 症状が3週間以上続く時には、風邪以外の病気の可能性もありますので、病院を受診しましょう。

    なるべく病院に行かない方がいい理由

    夜や土日に熱が出て病院を受診しても、割と元気な状態(水分が取れたり歩くことが出来る状態)だと、はっきり言って行く意味がありません。むしろ違う菌をもらってしまう危険もあるため行かないようにしましょう。

    まとめ

    今回は風邪を早く治す方法とやらない方が良いことについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。
    菌を体に入れないようにするには、うがいや手洗い・マスクなどがありますが、限界があります。
    そこで免疫力=体内に入った菌を倒すことが重要になってきます。風邪を引いたら早く治すためにやった方が良いことを実践して、風邪を引く前には食生活(特に腸活)・生活習慣を整えて免疫細胞を元気に保ち、健康な生活を手に入れましょう。