【自律神経失調症】症状に対する治療と改善方法【ストレスフリーを目指そう】

メンタル 健康問題

あなたを悩ませている自律神経失調症による辛い症状、改善しませんか?
この記事を読むこととで、自律神経失調症の症状に応じた治療方法がわかり、症状を改善するために必要なことがわかります。

自律神経失調症の症状を改善するための治療

自律神経失調症の症状を改善するための治療として重要となるのが、「他の疾患ではないこと」の診断です。自律神経は身体・精神的活動の全てに関係していると言っても過言ではありません。そのため他の疾患でも現れるような症状が、自律神経失調症の症状として現れます。なので、まずは「他の疾患ではないこと」を明確にして「自律神経失調症」として診断されることから治療が始まります。

身体的な症状に対する治療

自律神経失調症によって身体的な症状が出現している場合には、基本的には薬物療法による対症療法が治療として行われます。

例えば、痛みがあれば痛み止めを、痒みがあれば痒み止めを、痺れがあれば神経系の薬を、といった具合に、薬が出されることがほとんどです。

「あれ?根本的な治療は?」と思うかもしれませんが、身体的苦痛は自律神経失調症の原因であるストレスに直結するため、身体的苦痛を軽くすることが自律神経失調症の改善に繋がります

精神的な症状に対する治療

精神的な症状、例えば「不眠」「イライラ」「不安」「記憶力や集中力の低下」「感情が不安定になる」に対しても、薬物療法による対症療法が基本となります。自律神経失調症の原因はストレスと生活習慣の乱れなので、薬によりストレスが軽くなったり夜眠れるようになることが、自律神経失調症の根治にも繋がります
しかし、薬には副作用や依存性があることから、長期的な使用はおすすめできません。なので、ずっと薬に頼り続けるわけではなく、睡眠リズムを整えるためのきっかけに薬を使ったり、薬で精神状態を安定させながら自分なりのストレス解消方法を探したりストレスに強い身体・精神を手に入れられるようにしましょう

自律神経失調症の症状に対する改善方法

自律神経失調症によってどんな症状が出ているかによって改善方法は変わってきます。身体的な症状が出現している場合には、すでに痛み止めなどが処方されていると思いますが、処方されていない場合は処方してもらいましょう。痺れや痛みなどは温めたら楽になる人と冷やしたら楽になる人、動かさない方がいい人や動かした方がいい人がいますので、自分が楽になるような方法を探してみましょう。

精神的な症状に対する改善方法

精神的な症状に対する改善方法は「ストレスの軽減」がメインとなります。ストレスにも様々な種類のストレスがあり、「嫌いな上司がいる」「仕事が嫌だ」「家庭環境が嫌だ」などの自分ではどうしようもないと思われるストレスもあります。しかし、ただ我慢しているだけではストレスは溜まっていく一方で良くなることはありません。

なので、上司や仕事が嫌な場合は転職先を探したり、家庭環境が嫌な場合は家を出てみるなど、嫌なことに耐えるのではなく嫌なことをどうすればなくせるかを考え行動していった方が未来は格段に明るいです。

すぐにストレス源をなくせない場合は、ストレスを溜めすぎないように自分で解消する方法を1つだけでも見付けたり、ストレスを受けても耐えられる身体・精神を鍛えましょう。【自律神経とは】健康には不可欠【2つの方法で整える】の記事で自律神経を整える方法について解説しているので、よかったら参考にしてみてください。
ストレスが溜まっていると、眠れなくなることが多く生活習慣が乱れることの原因にもなり、自律神経失調症を悪化させたり、精神疾患など他の疾患の原因になるリスクも高くなるので、ストレスのない生活を目指して行動していきましょう。

まとめ

自律神経失調症の症状に対する治療と改善方法について解説してきましたが、いかがでしたか?
まずは「自律神経失調症の症状だと思っていたら他の病気だった」なんてことがないように、自分で診断せず、必ず病院を受診して診察・検査してもらうようにしてください。
ストレスをなくし生活習慣を整え、自律神経の乱れをなくし、心も体も安定した日々を目指しましょう。