【不眠症】4つのタイプと様々な原因・今日からできる対策【あなたは眠れるようになります】

メンタル 健康問題

「睡眠」に対して悩みを抱えているあなた。しっかり眠って健康的な日々を手に入れましょう!

この記事を読むことで、以下のことが期待できます。

  • 不眠症のタイプがわかる
  • 不眠症の原因がわかる
  • 原因に応じた対策がわかる

日本には、
「なかなか眠れない」
「夜中起きてしまう」
「朝早くに起きてしまう」
「眠れたけれど寝た気がしない」

などの症状の不眠症に悩まされている人が、約5人に1人います。
男性よりも女性に多い不眠症は、20~30歳代から始まることが多く、年齢とともに増加・中年や老年期では急増します。
一言で「不眠症」と言っても、不眠のタイプや原因は人それぞれなので、自分自身の不眠の原因やタイプを知ることが良質な睡眠を手に入れるための第一歩となります。

簡単・安全に手っ取り早く睡眠不足を解消できる裏技もあります。

【あなたの知らない睡眠不足解消法】
もし半年経っても効果がなければ全額返金保証があるので、無駄なお金を使って損をする心配は絶対にありません
しかし、効果や損をしないことが保障されているとは言え、39,800円というお金を最初から払ってしまうのはもったいないので、とりあえずいろいろな記事を読んで、自分の不眠の原因やタイプを知り、できる対策や改善策を試してみましょう。

不眠症のタイプ

不眠症の主な症状は、

  • 寝付けない、快適に眠れる体勢が見つからない
  • 夜中に起きてしまい、再び眠ることが出来ない。
  • 起きたときにすっきりしない
  • 日中に眠たい
  • 敏感になっていたり不安を感じたりする
  • があり、不眠症のタイプは、不眠の症状や性質によって

    • 入眠障害
    • 睡眠維持障害
    • 早期覚醒
    • 熟眠障害

    の4つに分類され、多くの人は複数の症状やタイプを持ち合わせています。
    1つずつ解説していきます。

    入眠障害

    日本睡眠学会は、入眠障害は「夜間なかなか入眠出来ず寝付くのに普段より2時間以上かかる状態」としていますが、実際の臨床では1時間を超えると「寝れなくて辛い」と感じる人が多いので、寝付けない時間に関係なく、寝付けないことが身体・精神的に苦痛となったら入眠障害だと思ってください。

  • ベッドや布団に入っても、なかなか寝付けない
  • 緊張していたり、心配事や不安なことがあって寝付けない
  • 寝ようとしてもこんな状態になる人は入眠障害の可能性があります。入眠障害についてまとめた記事があり、解決のヒントが見つかるはずなので参考にしてみてください。

    【入眠障害】寝付けないあなたへ【原因は意外なところにあるかもしれません】

    【入眠障害】あなたが寝付けるようになるための方法【不眠症改善対策】

    睡眠維持障害

    夜中に目が覚めてしまったり、夜中に目が覚めて眠れなくなる人は睡眠維持障害の可能性があります。
    いわゆる中途覚醒であり、半数以上の人は睡眠に戻れなくなります。

    早期覚醒

    早期覚醒は以下の3つが特徴です。

  • 起きたい時間より1~2時間以上早くに目が覚める
  • まだ寝たいのに目が覚めて眠れない
  • 睡眠時間が6時間30分未満
  • 睡眠時間は個人差があり、ショートスリーパーの人もいるので、自分の予定した起床時間より2時間以上というのが目安となることが多いです。

    熟眠障害

    他の睡眠障害と比べて自覚しにくいのが特徴です。

    1. 睡眠の質が悪くなっているタイプ
    2. 睡眠の質が良いにも関わらず、満足感がないタイプ

    睡眠時間は取れているのに、「眠れた」という満足感がない人は熟眠障害の可能性があります。

    不眠症の主な原因と対策

    睡眠には様々な要因が関係していますが、自分に合った対処法をすることで、良質な睡眠がとれるようになります。
    不眠症の主な原因には、ストレス・身体やこころの病気・薬や刺激物・生活リズムの乱れ・睡眠環境があります。

    環境要因

    環境要因は以下の物があります。

  • 時差ボケ、時差がある場所
  • 布団や枕がかわる。自分に合っていない
  • 暑さや寒さ、騒音や明るさなどが適切でない
  • 周囲の環境を調整することは、良質な睡眠をとるには必要不可欠と言っても過言ではありません。
    自分が寝やすい環境を整えましょう。

    解決策

    快適な寝室環境を作る
    →ベッド、布団、枕、照明などを寝やすい物にする。
    →エアコンや除湿器or加湿器を使って部屋全体を快適にする。

    身体的要因

    身体的要因は以下の通りです。

  • 年齢
  • 性差
  • 原疾患の症状(頻尿・痛み・痒み・息苦しさなど)
  • など、ホルモンバランスの乱れや身体的ストレスが不眠の原因となることがあります。

    解決策

    身体を健康に保つ

  • 疾患の治療やコントロールをしよう
  • 自律神経を整えましょう
  • 身体の疲れをしっかり取ろう
  • 精神的要因

    精神的要因は以下の通りです。

  • 悩みがあったりイライラしている
  • 緊張している
  • 睡眠に対するこだわりがある
  • など、精神的ストレスが不眠の原因となることがあります。

    解決策

    ストレスフリーを目指す
    →ストレス解消法を持ち、こまめにストレスを解消する。
    →眠る前にリラックスする時間を作る(副交感神経優位にする)。
    →ぬるめのお湯にゆっくりつかり、心身をリラックスする。
    →迷走して心身を解き放つ。
    →リラックスできる音楽を聴く。
    →睡眠時間にこだわらない。

    生活習慣

    生活習慣による要因は以下の通りです。

  • 運動不足
  • 薬の副作用
  • アルコール、ニコチン、カフェインの摂取
  • など、生活習慣が不眠の原因となることがあります。

    解決策

    生活習慣を見直す
    →適度な運動をする
    →寝る前にアルコールやタバコ、カフェインの摂取は控える
    →就寝起床時間を一定にする

    まとめ

    自分の不眠のタイプと原因がどんな感じかわかりましたか?
    眠れない原因を解決することで、眠れるようになる人が多く、良質な睡眠をとることが豊かな生活に繋がります。
    不眠症を改善し睡眠不足を解消するために、ステップ1として自分・周りの環境を整え、次のステップとして「非薬物療法」、最終手段として「薬」に頼るようにしましょう。睡眠導入剤も依存性が低い物や安全な物も出てきましたが、「薬」なので飲まない方が身体にはいいです。ステップ1で解決できるようにする手段を最後にもう1度紹介しておきます。

    使わないと損です

    簡単・安全に手っ取り早く睡眠不足を解消したい人は以下の方法をおすすめします。
    【あなたの知らない睡眠不足解消法】
    39,800円というお金はかかってしまいますが、睡眠不足が解消されれば「心身の健康」や「活力」が手に入るので安すぎる買い物だと思います。
    もし半年経っても効果がなければ全額返金保証があるので、無駄なお金を使って損をする心配は絶対にありません