片頭痛と偏頭痛の違いって何?【どう違うの?どっちが正解なの?】

健康問題

「片頭痛」と「偏頭痛」読み方は一緒でも、2通りの漢字があり、どう違うのか・どっちを使えばいいのか悩んだことがありませんか?
本記事では、どう違うのか・どちらを使うべきかを、現在頭痛(片頭痛ではなく緊張型頭痛のタイプ)に悩まされている現役看護師が解説していきます。
内容としては以下の通りです。

  • 片頭痛と偏頭痛の違いって何?
  • 医学会では「片頭痛」が採用されている

結論、「片頭痛」を使えば間違いないのですが、理由を知り正しく使っていきましょう。

片頭痛と偏頭痛の違いって何?

【漢字の違い】
だけです。
意味としては同じでどちらも間違いではないですが、「片頭痛」を使うと無難です。
以下で詳しく解説していきます。

定義は同じです

辞書で見ても、漢字の成り立ちから考えても定義は同じです。
ただ、歴史的な背景により2通りの漢字が使用されているのが現状です。

辞書で「へんずつう」を調べると
【片頭痛/偏頭痛(へんずつう)】
→頭の片側に生じる、発作性の脈打つような激しい頭痛。嘔吐を伴うこともある頭痛。
などが出てきますが、「片頭痛」と「偏頭痛」は1つの項目として記載されています。
つまり同じ意味として捉えられているということですね。
漢字の成り立ちから考えると
「片頭痛」→頭の片方が痛くなること
「偏頭痛」→頭が偏って痛くなること
となりますが、意味的には同じことですね。

医学会では「片頭痛」を採用

日本医学会の「医学用語辞典」には「片頭痛」が採用されていて、医学会では「片頭痛」で統一されています。
医学会での統一に伴い、新聞やテレビなどの報道業界なども「片頭痛」を使用する傾向にあります。
なので、「偏頭痛」ではなく、「片頭痛」を使った方が一般的と言えます。
また、当然ではありますが医療従事者の方は「片頭痛」を使いましょう。

まとめ

今回は歴史的な背景には触れていませんが、いろいろあって「へんずつう」には2つの漢字があります。
しかし、「片頭痛」も「偏頭痛」も意味は同じであることや、これからは「片頭痛」を使っておけば良いということは、わかっていただけたのではないでしょうか。
「へんずつう」だけでなく、「頭痛」に関してもたくさんの種類や原因があるので、参考になるような記事をまとめていきます。

頭痛の種類頭痛の原因と種類【頭痛には様々な原因や種類があります】
片頭痛片頭痛ってどんな頭痛?【片頭痛の原因から予防策や治療方法まで解説していきます】
緊張型頭痛緊張型頭痛ってどんな頭痛?【原因から予防策や治療方法まで解説していきます】
群発頭痛群発頭痛ってどんな頭痛?【原因から治療方法、予防策まで解説していきます】
頭痛を改善する成分頭痛改善が実証された成分10選【安全な9つの成分と1つの危険な成分】

慢性的な頭痛だけでなく、脳や頭・首の血管の病気から頭痛が生じることもあるので、「普通じゃない痛み」の時はすぐに病院にいきましょう。